神戸大学 東日本大震災支援・調査活動報告会(6月23日)

2011年6月10日

これまで連続して3回報告会を開催してきましたが、引き続き本学研究者が東日 本大震災についての支援・調査活動に携わって得た経験について報告 しま す。被災地のよりよき復旧・復興につなげるとともに、地域の安全について検討 していく機会としたい。

神戸大学 東日本大震災支援・調査活動報告会(第4回)のご案内
主催:神戸大学 復興支援プラットフォーム、都市安全研究センター

<プログラム>
日時:2011年6月23日(木)9:00-13:00
会場:神大会館 六甲ホール

1.宮古市の港湾、臨海地区の被害状況調査
前野史朗(海事科学研究科)
2.東日本大震災における保健医療・社会福祉施設の被害と対応行動
小田利勝(人間発達環境学研究科)
3.災害応急支援における被災者ニーズ
金子由芳(国際協力研究科)
4.東日本大震災による歴史的環境における被害と問題点
足立裕司(工学研究科建築学専攻)
5.被災地での地域歴史遺産保全活動、震災記録保存活動とその課題
奥村 弘(人文学研究科)
6.大船渡における学生ボランティア活動
高尾千秋(人間発達環境学研究科)
7.津波による地盤汚染に関する調査結果
飯塚 敦(都市安全研究センター)

(各報告:発表20-25分、5-10分の質疑)

投稿:都市安全研究センター 北後明彦

広告

One Response to “神戸大学 東日本大震災支援・調査活動報告会(6月23日)”

  1. 千葉雅裕 Says:

    先日は高尾先生及び学生の皆さんに八坂神社の復興際に大変お世話を頂き有難う御座いました。また皆さんに会える日を楽しみにしています。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。