第74回 環境経済学研究会

2011年4月1日

下記のような研究会を開催します。

どなたでも参加可能ですので、お気軽にご参加ください。

 

***

 

第74回 環境経済学研究会

 

日時: 2011年4月20日(水)午後5時~

場所: 神戸大学経済学部 第3学舎1F・中会議室

http://www.kobe-u.ac.jp/info/access/rokko/rokkodai-dai1.htm

(上記5番の建物)

 

報告者: 馬奈木 俊介(東北大学)

論題: 災害はいかに防ぐべきか?

 

要旨:

Previously studies analyzing the relationship between natural disaster damage and income level do not consider the distinction between public and private disaster protections. This paper empirically examines the relationship between the public/private preparations and damages from 1975. Our result shows that public preparation has contributed to mitigating damages, but the private preparations fail to do it. In addition, efficiencies in urban municipalities are less than those in rural municipalities. Hence, urban municipal governments should cut their investments and pay more attention to reducing economic damages.  Furthermore, to protect our society from catastrophes, authorities need to invest public infrastructures against them more than current levels if their occurrence probability is high. Detailed policy implications are derived.

 

神戸大学大学院経済学研究科 竹内 憲司

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。