東日本大震災協働情報プラットフォーム

2011年3月23日

以下の情報を防災科学技術研究所より得ましたので,ここに転記します.

 都市安全研究センター リスクコミュニケーション大研究分野 教授 大石哲


 東日本大震災の発生から12日目となりました。 今、最も求められているのは、被災地での災害対応です。

 防災科研では、被災地の災害対応や復旧・復興に役立つ信頼できる情報を、全国のさまざまな機関や個人の方々と協働して集約・作成・発信する「ALL311:東日本大震災協働情報プラットフォーム」を開設しました。(http://all311.ecom-plat.jp

 具体的には、当研究所が開発した「e コミュニティ・プラットフォーム」を活用し、各種地図・地理空間情報の配信や利用、地震動や土砂災害等の災害情報、震災疎開・避難の受け入れ活動支援等を行います。

一度サイトをご覧いただき、情報提供などで、ご協力いただければ幸いです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。