有志による「東北関東大震災・神戸大学復興支援プラットホーム」の設立

2011年3月22日

2011年3月22日 有志による「東北関東大震災・神戸大学復興支援プラットフォーム」が設立されました.

1.趣旨
3月11日 に発生した東北関東大震災は、未曾有の被害をもたらし、原発被害を含め、今なお進行中です。被害の全容はまだ把握できていませんが、日を追うにつれて、そ の深刻さが明らかになりつつあります。現段階では、なお、人命救助、安否確認が最重要課題ですが、同時に、避難所に身を寄せる被災者の生命・健康の確保が 重要性を増しています。また時間がたつにつれて、これらと同時並行的に、復旧・復興の課題が迫ってきます。
阪神・淡路大震災で被害を受け、全国からの支援を得ながら、復旧・復興してきた経験を持つ神戸大学の多くの教職員・学生は、この大震災に何らかの支援をしたいと思っていますが、現時点では何が可能なのかもよくわかりません。
そこで、さしあたり、この問題に関心を寄せる人々が集まり、互いの情報を交換し、それぞれの立場で何をしようとしているのかを出し合い、支援のための知恵を出す場を持ちたいと考えました。

2.活動
参加メンバーがそれぞれの立場で、被災者への直接支援活動、被害実態調査や復興問題に関する学術的活動、被災大学への支援活動などを展開する。それらの活 動に関する情報や現地の情報を集約、共有し発信する。情報の集約・発信のセンター機能を都市安全研究センターのRCUSSブログに置く。

3.幹事会
プラットホーム運営のために幹事会を置く。
幹事会の構成(2011年3月22日現在)
代表:塩崎賢明(工学研究科)
幹事:足立裕司(工学研究科),道奥康治(工学研究科),飯塚 敦(都市安全研究センター),奥村 弘(人文学研究科),竹内憲司(経済学研究科)

4.問い合せ先
塩崎賢明,神戸大学大学院工学研究科建築学専攻,神戸市灘区六甲台町1-1
TEL&FAX:078-803-6039
shiozaki(at)kobe-u.ac.jp,(at)を@にしてください.

工学研究科建築学専攻 教授 塩崎賢明

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。