被災報告(茨城県内建物調査及び全体の建物被害推定)

2011年3月21日

筑波大地震防災・構造動力学研究室からの報告(建築学会MLより)

—ここから引用—

境@筑波大です.昨日,更に茨城県内の強震観測点(の半径200m以内)を2点まわりました.どちらも震度6強です.

http://www.kz.tsukuba.ac.jp/~sakai/jsd.htm
http://www.kz.tsukuba.ac.jp/~sakai/113d.htm

強 震観測点を移動する途中で,これまで通ったのは,茨城県のつくば市,下妻市,筑西市,桜川市,笠間市,石岡市,土浦市,小美玉市,鉾田市で,車の中から見 る限りでは,瓦屋根被害が目立ちますが,外装材の損傷や落下は見られるものの外観から大きな被害を受けたものはありませんでした.ただし,大破した鉄筋コ ンクリート造建物があるとの情報もありますので,もちろん,大きな被害を受けた建物が全くないということではありません.

また,地震動の性質に加えて,人口分布,建物分布を考慮に入れた震動による建物の被害推定も行いました.
http://www.kz.tsukuba.ac.jp/~sakai/113e.htm

地 震動の性質としては,1秒以下の短周期で,「率」としては,地震規模や震度ほどの被害ではないようなのですが,被害を受けた範囲が膨大であること,また, 人口が集中する仙台付近での被害が大きく,当然のことながら「量」としては,相当の被害が出ているという推定結果になりました.

境 有紀
http://www.kz.tsukuba.ac.jp/~sakai/index.html

—ここまで引用—

都市安全研究センター 北後

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。