ボランティア活動での感染症予防の喚起

2011年3月20日

神戸大学保健学研究科 高田教授からの情報です.

災害現地でボランティア活動を予定されている方々は,現地に感染症(インフルエンザなど)を持ち込まない,感染しないに,十分に注意ください.現地に支援に行かれる前に,国立感染症研究所のサイト(http://idsc.nih.go.jp/earthquake2011/index.html)から,

1.被災地におけるご遺体からの感染症リスクについて:http://idsc.nih.go.jp/earthquake2011/IDSC/20110318d.html

2.被災地・避難所でボランティアを計画されている皆様の感染症予防について:http://idsc.nih.go.jp/earthquake2011/IDSC/20110317idsc01.pdf

をお読みになってください.

都市安全研究センター 飯塚

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。