都市安全研究センター(RCUSS):http://www.rcuss.kobe-u.ac.jp/

RCUSSブログ-東北地方太平洋沖地震災害情報:https://rcuss.wordpress.com/

感染症(医療リスクマネジメント研究分野):http://blog.livedoor.jp/disasterinfection/

RCUSS学生ボランティア支援室:http://www.org.kobe-u.ac.jp/svsc/

神戸大学学生311救援ネットワーク:http://blog.canpan.info/ku311net/

医学部附属病院:http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/topic/news/earthquake.html

海事科学研究科:http://www.maritime.kobe-u.ac.jp/

保健学研究科:http://www.ams.kobe-u.ac.jp/

東北地方太平洋沖地震・災害支援情報ページ:http://www.edu.kobe-u.ac.jp/fhs-renkei/tiiki-touhokushinsai.html

■趣旨
「ボランティア元年」と呼ばれた1995年。阪神・淡路大震災を契機に、我が国 ではボランティアが災害・福祉などの面で安全・安心な社会づくりに大きな役割 を果たすようになりました。本年3月11日に発生した東日本大震災においても、 阪神・淡路大震災を経験した兵庫県内の各大学では、学生の震災復興支援への意 識は非常に高く、各大学で東日本大震災に関する学生ボランティア活動支援が取 組まれています。神戸大学では東日本震災当日からNGO組織と連携して学生を被 災地に派遣し、その後も数回にわたって複数の部局が被災地へのボランティア・ バスを実施しております。「新しい公共」の形成、大学の社会貢献、さらに学生 の教育という観点から、学生ボランティア活動の支援・推進は大学にとって重要 な課題です。東日本大震災は、このことを改めて浮き彫りにしました。  本シンポジウムでは、学生ボランティア活動の社会的・教育的意義とともに、 学生ボランティア支援における大学の役割について議論し、その継続的な発展の 方向を探ります。

日時: 2011 年10 月22 日(土)13:00 ~ 17:0012:00受付開始

会場: 神戸大学百年記念館六甲ホール

■12:00 ~ 受け付け開始・パネル展示「大学生によるボランティア活動」ホー ル内ホワイエにて同時開催(パネルディスカッション参加大学、兵庫県内大学生 の取り組み紹介)
■13:00 ~ 開会挨拶   神戸大学長 福田秀樹
■13:05~ 基調講演「 大学における学生ボランティア支援の現状と展望」 講師 文部科学省高等教育局大学振興課課長補佐  石橋 晶
■13:50 ~ 報告1「神戸大学における学生ボランティア支援」        神戸大学理事(学生担当) 石田廣史
報告2 「 神戸大学学生ボランティア支援室の現状と展望」        学生ボランティア支援室コーディネーター 藤室玲治
報告3 「神戸と東北からの学生報告」        神戸大学・東北大学の学生ボランティアより
■15:30 ~ パネルディスカッション「学生ボランティア支援の可能性―神戸と東 北からの展望」
パネリスト: 東北大学総長補佐 東谷篤志
早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター助教 加藤基樹
被災地NGO恊働センター代表 村井雅清
神戸大学大学院人間発達環境学研究科長 朴木佳緒留
学生ボランティア支援室コーディネーター 藤室玲治
コーディネーター: 神戸大学キャリアセンター長  内田正博

■終了後、17:30~19:30で懇親会を神戸大学瀧川記念学術交流会館1階ホールにて 行います。
※シンポジウムは参加無料、事前申し込み不要です。
※懇親会 (会費4,000円、学生割引あり) に参加ご希望の方は、お名前、ご所属、 Eメールアドレス、電話番号を明記の上、下記申込み先までお申込みください。

■主催・申込み先:神戸大学都市安全研究センター学生ボランティア支援室
〒657-8501 神戸市灘区鶴甲1-2-1
TEL 078-803-6256 FAX 078-803-6028
E-mail: svs@port.kobe-u.ac.jp
http://www.org.kobe-u.ac.jp/svsc/
■チラシはこちらからダウンロードできます
http://www.kobe-u.ac.jp/info/event/pdf/e2011_10_22_01.pdf

投稿者: 学生ボランティア支援室・林

神戸大学国際文化学研究科に訪問研究者として来学されている、パレスチナからのラーレク・ハルダーン氏が東日本大震災への神戸大学ボランティア活動等に参加された経験に基づき、標記の話題で報告会を実施されます。英語による発表です。多くの方の参加をお待ちします。

日時:7月21日 17:30-19:00

会場 神戸大学国際文化学部 学術交流ルーム(E410) E棟4階

詳しくは下記のポスターをご覧下さい。

Tareq Hardan

投稿者 田中泰雄

東日本大震災に関して、神戸大学では提言書をまとめて、東日本大震災復興構想会議の五百旗頭真議長に6月初旬にお渡ししました。一方、震災復興構想会議の提言書は五百旗頭議長から管首相へは6月25日に提出されました。関係資料は、以下のサイトで掲載されています。
http://www.kantei.go.jp/jp/kan/actions/201106/25KAIGI_fukkou.html
http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/#12

神戸大学では、五百旗頭真先生をお迎えして、下記のように公開シンポジウム「東日本大震災からの復興に向けて」~神戸からできること~ を8月3日(水)に開催することとなりました。一般公開シンポジウムですので、多くの方の参加をお願い致します。

● 公開シンポジウム (http://www.kobe-u.ac.jp/info/event/e2011_08_03_01.htm)
「東日本大震災からの復興に向けて」~神戸からできること~
日時:8月3日(水) 14:00~17:45
場所:神戸国際会議場「メインホール」

~シンポジウム内容~
1.神戸大学長からの提言報告
福田 秀樹  「東日本大震災からの復興に向けた神戸大学からの提言」
2.基調講演
五百旗頭 真 東日本大震災復興構想会議議長、防衛大学校長、神戸大学名誉教授
「東日本大震災と復興構想」
3.パネルディスカッション
詳しい内容は、下記のpdfファイルをご覧下さい。
公開シンポジウム(8月3日)

 

投稿者 田中泰雄

 

 

AERA掲載コメント

2011年6月15日

神戸大学大学院海事科学研究科山内知也教授が、東京都江東区で独自に計測した放射線量に関して、6/13発売のAERA冒頭の「ホットスポット」「プールサイド」に関する2つの記事でコメントしています。

 投稿者 林美鶴

これまで連続して3回報告会を開催してきましたが、引き続き本学研究者が東日 本大震災についての支援・調査活動に携わって得た経験について報告 しま す。被災地のよりよき復旧・復興につなげるとともに、地域の安全について検討 していく機会としたい。

神戸大学 東日本大震災支援・調査活動報告会(第4回)のご案内
主催:神戸大学 復興支援プラットフォーム、都市安全研究センター

<プログラム>
日時:2011年6月23日(木)9:00-13:00
会場:神大会館 六甲ホール

1.宮古市の港湾、臨海地区の被害状況調査
前野史朗(海事科学研究科)
2.東日本大震災における保健医療・社会福祉施設の被害と対応行動
小田利勝(人間発達環境学研究科)
3.災害応急支援における被災者ニーズ
金子由芳(国際協力研究科)
4.東日本大震災による歴史的環境における被害と問題点
足立裕司(工学研究科建築学専攻)
5.被災地での地域歴史遺産保全活動、震災記録保存活動とその課題
奥村 弘(人文学研究科)
6.大船渡における学生ボランティア活動
高尾千秋(人間発達環境学研究科)
7.津波による地盤汚染に関する調査結果
飯塚 敦(都市安全研究センター)

(各報告:発表20-25分、5-10分の質疑)

投稿:都市安全研究センター 北後明彦

津波による有害化学物質の拡散,それによる被災地の地盤汚染を懸念しておりました.

4月下旬から,計3回の調査(土壌サンプル採取)を実施し,地盤汚染対策法に定められる有害化学物質の分析を進めています.

仙台若林地区,石巻市街地の約10箇所の表層地盤の分析を進めたところ,複数回の調査・分析結果から,いくつかの重金属類で基準値を超えるものを検出しましたが,その値は基準値の10倍を超えるほどではないことが明らかとなってきました.極めて広範囲に「薄化粧」の如く,しかし希薄されて拡散したと考えられます.近々に,すべての調査地点における溶出量検査と含有量検査の結果が揃います.その時点で改めて,すべての調査結果データを公表いたします.

6月から,震災被災地における復興が本格化してくると予想されていました.リスクは定量化できて,はじめてそれへの対処,対策が可能となると考えられます.6月までに調査を終え,リスクの定量化への一助となることを目指しておりましたが,すでに5月も終わろうとしています.ここに「速報」のかたちで,「津波による地盤汚染に対する懸念」への調査状況を投稿いたします.

なお,土壌汚染対策法で定められている第二種重金属等の有害物質は,基準値の10倍を超えることはなく,普段の自然由来でも十分に検出されるレベルでした.何らかの人為的源からの汚染は認められませんでした.限られた調査の結果からではありますが,津波による土壌汚染が問題とはなっていないことが判明しました.今後,津波が浸水した被災地において,安全管理のため,作業に従事される場合は,通常と変わらぬ,防塵マスクと手袋の着用の継続をお願いいたします.

今後,環境省等の行政が,広範囲な調査を行うとのことです.リスクの定量化がすすみ,人びとの安全管理を確実なものとすることができるようになることでしょう.

「危険」「問題」を指摘するのも重要ですが,「安心」「問題なし」の情報も重要と考えます.今回の調査の結果は,後者の「安心」「問題なし」をお知らせする内容となっています.

都市安全研究センター 飯塚敦

この間、東日本大震災に関する報告会について2回ご案内・開催しましたが、 今回、定例の都市安全研究センターオープンゼミナールの一環として、 第3回 東日本大震災報告会を、神戸大学震災復興プラットフォームとの共催で開催いた します。ご都合がつきましたら、ぜひご参加下さい。

<5月(第150回)オープンゼミナール、第3回東日本大震災報告会>
日時:2011年5月28日(土)14時~17時
場所:神戸大学工学研究科C1-301教室

プログラム

保育所・小学校等における幼児・生徒の津波避難誘導
-事例発生箇所の確認を通じて-
ピニェイロ・アベウ(神戸大学工学研究科建築学専攻院生)

津波火災発生状況と消火活動・避難行動調査報告
-岩手県山田町 船越 田の浜地区を事例として-
池之内裕子(神戸大学国際協力研究科院生)

福島原子力緊急避難における周辺自治体の対応プロセスについて
-地震発生から一次避難まで-
西野智研(神戸大学工学研究科建築学専攻)

避難所調査からみた生活復興のための被災地支援の課題
林 大造(神戸大学都市安全研究センター)

投稿者:北後明彦

海洋学会の震災対応特設サイトが立ち上がりました。現在、海洋汚染に関する提言などがアップされています。
投稿者:林美鶴

神戸大学 東日本大震災支援・調査活動報告会 のご案内

2011年5月19日(木)午前9:00-12:00
会場:神大会館六甲ホール(会場を変更しましたのでご注意下さい!!)
http://home.kobe-u.com/jn-web/old/event/kaijo_lans.html
(市バス36系統 文理農学部前下車、上記ページご参照下さい。)

主催:神戸大学 震災復興プラットフォーム・都市安全研究センター

4月28日に神戸大学研究者による第1回「東日本大震災調査速報会」を開催し、今回は第2回目として、本学研究者が東日本大震災についての支援・調査活動に携わって得た経験について、ご報告する機会を設けました。被災地のよりよき復旧・復興につなげるとともに、地域の安全について検討していく機会としたいと存し、皆様にご案内申し上げる次第です。

<プログラム>
会場:神大会館六甲ホール(会場を変更しましたのでご注意下さい!!)
日時:2011年5月19日(木)9:00-12:00(発表20-25分、5-10分の質疑)

1. 津波火災の発生状況と津波・火災への対応行動についての事例報告
-岩手県山田町・大槌町、宮城県気仙沼市・石巻市等での現地調査を中心として-
北後明彦(都市安全研究センター)
2. 三陸沿岸地域の避難、仮設住宅での生活に向けて必要なこと
-災害時要援護者の観点から-
大西一嘉(工学研究科建築学専攻)
3. 岩手県・大槌町と陸前高田市の災害ボランティア活動と避難所についての報告
-「遠野まごころネット」での神戸大学生ボランティアの活動から-
藤室玲治(都市安全研究センター)
4. アーキエイドと気仙沼における復興支援計画
-東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク(アーキエイド)-
槻橋 修(工学研究科建築学専攻)
5. 東日本大震災における災害復興計画策定の現場からの報告
-震災からのよりよき復興にむけて-
塩崎賢明(工学研究科建築学専攻)

問合せ先:神戸大学都市安全研究センター事務室(電話:078-803-6437、FAX:803-6394)

投稿者:田中泰雄

災害時のリスクとコミュニケーションを考えるチャリティー・シンポジウム開催について

この度の東日本大震災により、亡くられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、被災された方々やご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今回、震災の復興支援活動として災害発生時のリスク・コミュニケーションを考える機会を得ることを目的に、チャリティー・シンポジウムを開催する運びとなりました。
災害時の記者会見、メディア報道、言葉、コミュニケーションはどうあるべきなのか。当代きっての論客にご登場頂き、今回の震災時のコミュニケーションのあり方を総括し、あるべき姿を模索します。
なお、本シンポジウムの収益は全額寄付し被災地の支援に役立てます。みなさま、ぜひご参加くださいませ。

会名 災害時のリスクとコミュニケーションを考えるチャリティー・シンポジウム
主催 神戸大学都市安全研究センター
対象 災害時のコミュニケーションに関心を持つ方ならどなたでも
会期 平成23年6月12日(日)13:00~16:00(予定)
会場 よみうり神戸ホール
〒650-0023 神戸市中央区栄町通1-2-10 読売神戸ビル
http://www.yomiuri-oyf.co.jp/jigyounaiyou/koube.html
参加人数  約200名
出演者(予定、五十音順敬称略)
岩田健太郎 神戸大学都市安全研究センター、大学院医学研究科教授
上杉隆 ジャーナリスト
内田樹 武道家  思想家  神戸女学院大学名誉教授
蔵本一也 神戸大学大学院経営学研究科准教授
鷲田 清一 哲学者 大阪大学総長

参加費 一口 二千円(お一人様何口でも)

お申し込み方法
・お名前
・お電話番号
・メールアドレス
・チケット購入枚数
以上をご記入の上、下記メールアドレスかFaxでお申し込みください。
後ほど振込先をご連絡致します。振り込みが確認されましたら入場チケットを送付致します。なお、お申し込みが定数に達し次第募集を締め切らせていただきます。

メール:kobeidcharity@gmail.com
Fax:078-382-6298

お問い合せ:当シンポジウム事務局 (神戸大学病院感染症内科 高橋/鍵田)078-382-6297

出演者プロフィール

岩田健太郎 神戸大学都市安全研究センター、大学院医学研究科教授

島 根医科大学卒業後、沖縄県立中部病院、セントルークス・ルーズベルト病院、亀田総合病院などを経て現職。専門は感染症学。著書に『バイオテロと医師たち』 『悪魔の味方 米国医療の現場から』『予防接種は「効く」のか?『「患者様」が医療を壊す』『感染症は実在しない』など。

上杉隆 ジャーナリスト

都 留文科大学卒業。テレビ局・衆議院公設秘書・「ニューヨークタイムズ」東京支局取材記者などを経て、フリージャーナリストに。政治・メディア・ゴルフなど をテーマに活躍中。自由報道協会(仮) 暫定代表。著書に『石原慎太郎「5人の参謀」』『田中真紀子の正体』 『小泉の勝利 メディアの敗北』  『ジャーナリズム崩壊』『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』『ウィキリークス以後の日本 自由報道協会(仮)とメディア革命』など多数。

内田樹 武道家、思想家。神戸女学院大学名誉教授

東 京大学卒業。東京都立大学人文科学研究科博士課程中退。同大学助手を経て神戸女学院大学へ異動。2010年3月に同学教授職を退職。神戸女学院合気道会主 宰(合気道6段)。著書に『他者と死者 ――ラカンによるレヴィナス』『現代思想のパフォーマンス』『先生はえらい』『私家版・ユダヤ文化論』(第6回小林秀雄賞)『下流志向』『日本辺境 論』(2010年新書大賞)『街場のメディア論』ほか多数。2011年 伊丹十三賞受賞

蔵本一也 神戸大学大学院経営学研究科准教授

関西学院大学卒業後、ミズノ株式会社などを経て現職。33年間のサラリーマン経験を活かし、企業活動における社会的責任のあり方に関心を寄せる。コンプライアンス、消費者対応、消費者問題にも詳しい。消費者問題に関する論文多数。2009年 内閣府消費者担当大臣賞受賞

鷲田 清一 哲学者 大阪大学総長

京 都大学大学院文学研究科博士課程修了。関西大学教授、大阪大学大学院文学研究科教授、同理事・副学長を経て、2007年8月大阪大学総長に就任。著書に 『モードの迷宮』(サントリー学芸賞受賞)、『じぶん-この不思議な存在』『「聴く」ことの力』 (桑原武夫学芸賞受賞)、『「待つ」ということ』、『てつがくを着て、まちを歩こう―ファッション考現学』、『死なないでいる理由』、『新編 普通をだれも教えてくれない』、『臨床とことば』(河合隼雄氏との共著)、『わかりやすいはわかりにくい?-臨床哲学講座』 など多数。2004年紫綬褒章。

投稿者 大路剛